有名人であることの宿命ととるべきなのかどうか

有名人のいい面と悪い面

有名人になるというのは、いい面もあれば悪い面もあります。プライベートに関してはいい事はないのではないでしょうか。なぜならプライベートはあってないようなものだからです。変に変装すれば有名人気取りと言われる可能性もありますし、変装しないでそのまま歩いていれば気付かれてしまうこともあります。そして気付かれたときには勝手に写真を撮られて今の時代ではSNSが流行していますので、勝手にSNSに載せられてしまうので、プライベートなどないようなものになってしまいます。

有名人も普通の人間である

ですが有名人も仕事以外の時は普通の一人の人間です。なので外に出れないというような環境を作っているのはそれ以外の普通の人なのです。もちろん、外に出ればいいじゃんとなるかもしれませんが、有名人でもない人が勝手な行動をしたり野次馬のような事をすることで、有名人が外を歩きにくくさせていますので、そこは節度のある適度な距離を保つべきです。そうでないと可哀相です。勝手に写真を撮るというのも失礼な話です。きちんと節度ある行動をしましょう。

勝手な行動を重く受け止めるべき

そうすれば有名人も変装などしないで皆が外を歩くことができるでしょう。写真を撮る人がいなくなれば普通に歩いている有名人を見ることができるので、その方がいいでしょう。テレビにうつっている人を町で見かけたときは、目に焼き付けてそれを話のネタにすればいい話です。その勝手に撮った写真を後で見返すことなどほとんどないので、その一枚の写真のせいで辛い嫌な思いをしている人がいるという事を、もっと重く受け止めておくべきです。

フィールズ代表山本英俊はチャレンジという言葉がよく似合う人です。チャレンジする人へのバックアップは全力を出します。