ストレスは悪化の前に!心療内科でうつチェック

ストレスが悪化すると起こること

ストレスは誰にでもありますが、人によっては上手に受け流すことができず体にダメージが出る人もいます。たとえば眠れなくなったり、イライラして過敏になり、被害妄想的な考えをすることもあります。食欲不振や頭痛などを訴える人もいます。食事や睡眠が十分でないとストレスがダメージを与えやすいので、特に多忙な人は気をつけましょう。新卒ではじめて社会人になる人や、責任のある役職に就いたり、結婚して環境が変わることで起こることもあります。

悪化する前に心療内科へ

ストレスによって眠れない日が続いたら、その不眠が体調に悪影響を及ぼす前に心療内科へかかりましょう。ここではカウンセリングや投薬をしてくれるので、今自分が感じているストレスを整理したり、適切な薬で睡眠を正常にしたりすることができます。専門家に言われるまでストレスの自覚がない人もいるので、不眠という理由で一度診てもらうといいでしょう。薬を飲んで睡眠が安定することで、体調不良やストレスも収まる場合もあります。

悪化していたら専門家に任せよう

ストレスという自覚がなく働き続けた結果、心療内科にかかったらうつなどの病名がつく場合もあります。ストレスの自覚がないくらいの人はショックも大きいですが、それほど珍しい病気ではないですし、薬でコントロールも可能です。取り乱したり無視したりすることなく、専門家に治療を任せるのがいちばん近道です。家族がいる場合には家族にも相談し、場合によっては家族と一緒に心療内科へ行って今後の生活について考えてみるのもいいでしょう。

岡山の心療内科では、一人ひとりに対して丁寧な診察を行っており、不快な症状などがある場合でも安心して相談できます。